曽我社会保険労務士事務所

〒 262−0033
千葉県千葉市花見川区幕張本郷 1−11−3
ワコービル 2F

TEL : 043-275-1757

FAX : 043-275-1758

Q & A 【回答者:所長 曽我 浩】

Q.産休中の女性労働者を解雇することはできない?

原則、産前産後の休業期間中とその後30日間は、労働者を解雇することはできません。(解雇制限)

ただし、天災事変その他やむを得ない事由のために事業の継続が不可能となった場合においては、解雇が認められます
また、6週間以内に出産予定であっても、休業を請求せずに就業している場合には、産前休業中ではないので解雇制限期間にはならず、解雇することができるとした行政解釈があります。

尚、産前産後休暇とは、産前6週間(多胎妊娠の場合は14週間)、産後8週間の休業期間のことです。
産前休暇は、本人が請求がした時に事業主が与えるのに対し、産後休暇は請求の有無に関係なく与えられなければならない強制休暇です。
※ただし、産後6週間を経過した女性が請求した場合に、医師がその就業につき支障がないと認めた業務につかせることは差し支えありません。

参考までに・・・
解雇は以下に該当する場合に法律上禁止されていますので、ご注意ください。
 1.業務上の傷病による休業期間およびその後30日間の解雇(労働基準法)
 2.産前産後の休業期間およびそのあと30日間の解雇(労働基準法)
 3.国籍、信条、社会的身分を理由とせうる解雇(労働基準法)
 4.労働者が労働基準監督署への申告をしたことを理由とする解雇(労働基準法)
 5.性別あるいは女性が婚姻、妊娠、出産したこと、産前産後の休業をしたことを理由とする解雇
   (男女雇用機会均等法)