曽我社会保険労務士事務所

〒 262−0033
千葉県千葉市花見川区幕張本郷 1−11−3
ワコービル 2F

TEL : 043-275-1757

FAX : 043-275-1758

Q & A 【回答者:所長 曽我 浩】

Q.歩合給でも、時間外手当の支給は必要ですか?

完全歩合給であっても、週40時間・1日8時間を超えれば残業手当を支払う必要があります。
 例えば、一つの仕事を、(a)8時間で出来る人と、(b)10時間かかる人がいるとします。(1日の歩合給10,000円)
 この場合、効率の悪い(b)の人には、2時間分の残業手当を支給しなければなりません。
 (b)の残業手当は、10時間分の賃金は支払っていると考えられるため、
 (10,000円÷10時間)×0.25×2時間=500円となります。
 つまり、(a)の人には10,000円、(b)の人には10,500円支給することになります。
 一見すると、(b)のほうが多く支給しており、不平等のようにも見えますが、単純な時間単価で考えると、
 (a) 10,000円÷ 8時間=1,250円
 (b) 10,000円÷10時間=1,000円 という差が出るのです。

 では仮に、全く成果が上がらないに月については、賃金を支給しなくてもいいのでしょうか。
 ”ノーワーク、ノーペイ”の法則で言うと、賃金を支払う必要はありませんが、労働基準法では出来高払い制であっても、一定額の賃金を保障しなければならないことになっています。
 尚、労働者が就業している以上、支払う賃金は最低賃金額以上のものでなければいけません。
 最低賃金は毎年見直しされていますので、完全歩合給の場合も時間単価にご注意ください。