曽我社会保険労務士事務所

〒 262−0033
千葉県千葉市花見川区幕張本郷 1−11−3
ワコービル 2F

TEL : 043-275-1757

FAX : 043-275-1758

Q & A 【回答者:所長 曽我 浩】

Q.有期労働契約、5年を超えると正社員にしないといけないの?

有期労働契約とは、1年契約、6ヶ月契約など期間の定めのある労働契約のことをいいます。
パート、アルバイト、派遣社員、契約社員、嘱託など職場での呼称に関わらず、有期労働契約で働く人であれば、以下のルールの対象となります。

有期労働契約が反復更新されて通算5年を超えたときは、労働者の申込みにより、期間の定めのない労働契約(無期労働契約)に転換しなくてはいけません。
通算契約期間は、平成25年4月1日以後に開始する有期労働契約が対象となり、平成25年3月31日以前に開始した有期労働契約は通算契約期間に含めません
また、この無期労働契約への転換というのが、正社員にしなければいけないと勘違いされる方が多いようですが、そうではなく、別段の定めがない限り、直前の有期労働契約と同一内容で問題ありません。つまり、有期労働契約時に時給や日給で賃金を決めていた人が無期契約になったからと言って、月給にする必要はないのです。