曽我社会保険労務士事務所

〒 262−0033
千葉県千葉市花見川区幕張本郷 1−11−3
ワコービル 2F

TEL : 043-275-1757

FAX : 043-275-1758

Q & A 【回答者:所長 曽我 浩】

Q.役員が産休・育休を取得した場合でも、社会保険料は免除になりますか?

社会保険に加入している被保険者が産前産後休業、育児休業を取得した場合の社会
保険料は、
事業主負担・個人負担どちらも免除となります。
法人の役員であっても、原則適用事業所で報酬が発生していれば被保険者となります。
しかし、役員の場合は、この免除ルールが必ずしも適用するかというと
そうではありません

まず、産前産後休業中の保険料の免除については、「健康保険法」と「厚生年金保険法」で
定めていますので、役員・社員関係なく、被保険者であれば適用されます。

しかしながら、育児休業について定められている「労働基準法」と「育児休業法」については、
労働者にのみ適用される法律であるため、役員には適用されません。
そのため、例え社内で役員が「育児休業」と称して休業していても、社会保険料の免除の
適用を受けることはできません

尚、雇用保険の育児休業給付金については、そもそも選任の取締役である場合は雇用保険
に加入できないため、原則役員はもらえません。