曽我社会保険労務士事務所

〒 262−0033
千葉県千葉市花見川区幕張本郷 1−11−3
ワコービル 2F

TEL : 043-275-1757

FAX : 043-275-1758

Q & A 【回答者:所長 曽我 浩】

  • Home
  • Q & A
  • Q.パートやアルバイトも社会保険に加入させなくてはいけないのですか?

Q.パートやアルバイトも社会保険に加入させなくてはいけないのですか?

社会保険の適用事業所で、「常用的使用関係」にある場合は、国籍や性別、
年金の受給の有無にかかわらず、社会保険の被保険者となります。
(ただし、厚生年金は70歳、健康保険は75歳になるまで)

常用的使用関係」とは、雇用契約書の有無などとは関係なく、適用事業所で働き、
労務の対償として給与や賃金を受けるという事実上の使用関係
をいいます。

具体的には、1週の所定労働時間、及び1月の所定労働日数が、
常時雇用者の4分の3以上
であるときは、常用的使用関係」であると認められます。
 

ただし、平成28年10月1日より、特定適用事業所(※)に勤務する短時間労働者の
適用拡大にあたり、下記に該当する方も被保険者となりますので、ご注意ください。

  ①1週間あたりの決まった労働時間が20時間以上であること  
  ②1カ月あたりの決まった賃金は88,000円以上になること

※(特定適用事業所とは)

同一事業主の適用事業所の被保険者数(短時間労働者除く)の合計が、1年で6カ月以上、
500人を超えることが見込まれる事業所が該当します。

※上記、特定適用事業所に該当しない「被保険者数が500人以下」の企業であっても、
労使協定を締結すれば、任意特定適用事業所となることが可能です。

「国・地方公共団体」の事業所は、規模に関わらず適用されます。

 尚、下記のような日々雇い入れられるなど常用的使用関係にない人は、被保険者とはなりません。

(1)日々雇い入れられる人
(2)2ヶ月以内の期間を定めて使用される人
(3)季節的業務(4ヶ月以内)に使用される人
(4)臨時的事業の事業所(6ヶ月以内)に使用される人

※ただし、それぞれ一定の期間を超えて使用される場合には、被保険者となることもありますので注意が必要です。