曽我社会保険労務士事務所

〒 262−0033
千葉県千葉市花見川区幕張本郷 1−11−3
ワコービル 2F

TEL : 043-275-1757

FAX : 043-275-1758

Q & A 【回答者:所長 曽我 浩】

Q.よくある解雇トラブルって?

「解雇」は、労働者の生活の糧を直ちに失うものです。
また、日本では長期雇用システムが根付いているため、解雇退職をめぐるトラブルが後を絶ちません。

よくある解雇トラブルの例をいくつか挙げると・・・

 ・退職を申し出てきて、勝手に退職した社員が、「解雇予告手当を支払え!」と言ってきた
 ・自己都合で退職したはずなのに、退職後「事実上、解雇だ!」と訴えてきた
 ・「解雇権の濫用で、不当解雇だ!」と訴えられた
 ・「解雇制限期間中にも関わらず、解雇された!」と訴えられた

こういったトラブルを防ぐために、以下のようなことをご提案させていただいています。
 1.退職する職員からは、必ず退職届を受け取ること
 2.トラブルのあった人の場合は、さらに「退職合意書」を取っておく
 3.あらかじめ就業規則の中で、解雇事由等を明記しておく
 4.業務指導を行った場合は、「業務等改善指導書」など提出させる

長期雇用システムが根付く日本での解雇は、簡単ではありません。
最悪の場合、解雇した時に遡って賃金を支払い、さらに慰謝料を支払わなければならないケースもあります。
そのため、場合によっては「退職勧奨」で対応することも一つの案です。