曽我社会保険労務士事務所

〒 262−0033
千葉県千葉市花見川区幕張本郷 1−11−3
ワコービル 2F

TEL : 043-275-1757

FAX : 043-275-1758

社会保険労務士業務(労働安全衛生法)

社会保険労務士業務

労働安全衛生法関係手続き

こんな時は、当事務所にお任せ下さい!

 

  • 安全衛生規定を作成したい
  • 社内の安全衛生管理体制についてのご相談
  • 従業員のストレスチェックを実施したい

労働安全衛生法とは

職場における労働者の安全と健康を確保し、快適な職場環境の実現を目的とする法律で、事業の規模等に応じ、安全管理者、衛生管理者及び産業医等の選任や安全衛生委員会等の設置が義務化されています。この選任の義務を怠った場合、50万円の罰金に科せられます。

例えば、従業員50人以上の事業場では、①衛生管理者と②産業医を選任報告した上で、③(安全)衛生委員会を毎月1回以上開催しなければなりません。①~③まですべてに対応できていない場合、罰金額は150万円になります。

 

ストレスチェックが義務化!?

2015年12月より安全衛生法の一部が改正され、従業員50人以上の事業場では、年に1回ストレスチェックを実施することが事業者の義務となります。

(50人未満の事業場は、当分の間努力義務) また、ストレスチェックの結果、高ストレスと評価された労働者からの申出があった場合は、医師による面接指導を行うことが事業者の義務となります。事業者は、面接指導の結果に基づき、医師の意見を勘案し、必要があると認めるときは、就業上の措置を講じる必要があります。

尚、努力義務である50人未満の事業場が合同でストレスチェックを実施し、その後の医師による面接指導などを実施した場合、事業主が費用の助成を受けることができる制度(「ストレスチェック実施促進のための助成金」)があります。お気軽にお問合せください。